保育士の復職について!

保育士の復職!

不安やブランクからの仕事復帰について。



保育士の復職ブランクからの復帰〜志望動機まで

結婚や子育てなどさまざまな理由から保育の現場を離れてしまう保育士は非常に多いです。近年では潜在保育士の復帰を促す試みも活発になっていることから、もう一度保育士として活躍したい方もいらっしゃるのではないでしょうか?家庭の事情がひと段落し、もう一度保育士として働くにあたっての魅力や、ブランクがあるからこその悩みなどまとめてお伝えします。

不安やブランクからの仕事復帰について

飛びついてママと遊ぶ子供

仕事復帰をするにあたってブランクがあるとなると、保育業界に限らず不安を抱きながらの復職となる人がほとんどでしょう。しかしながら仮にブランクがあったとしても、保育士の場合は復帰しやすい条件が比較的整っています。もう一度保育士として働く魅力は一体何なのでしょうか?またブランクがあるからこそ感じてしまう不安に関しても紹介しますので、すんなりと職場に戻れるように参考にしてみて下さい。


潜在保育士の需要は高い

海の中を泳ぐイルカの群れ

全国的に見ると保育士という職業は、圧倒的に人手不足な職業の一つです。待機児童問題解消は国としての課題でもあることから、即戦力となる保育士は引く手あまたの状態と言ってもよいです。特に保育士不足を解消するための施策として、潜在保育士の復職に力を入れている都道府県も多いです。このように潜在保育士の仕事復帰は非常に歓迎される状況にあることは間違いありません。

もう一度保育士として働きたいと思った際に、復帰先の保育園を見つけやすいというのは保育士の復職ならではのメリットでしょう。ブランクのある方が再就職先を見つけるのは決して簡単なことではありません。しかしながら全国的に保育士不足であることから保育士に限っては、働き先を見つけやすいというのは大きな魅力ではないでしょうか?

給与面など待遇は改善傾向にある

V字回復のイメージ

保育士に復帰したいと思っても、その給料の安さがネックとなって躊躇してしまう方も多いです。確かに保育士は体力も使いますし、子供の安全を確保しなければならないことから注意力などさまざまなことを求められるハードな仕事です。保育士の給与の低さに関しては社会問題としても取り上げられる問題です。それゆえに離職してしまう保育士も多いですし、復帰をためらうのも無理はないかもしれません。

とはいえここ数年で保育士の給与改善のための取り組みはいろいろと実施されています。まだまだ十分な給料をもらっているとは言い難い保育園も多いですが、それでも以前より改善されているのは間違いありません。かつて働いていたころよりも給与が貰える可能性もあるでしょう。

ブランクがあるゆえの不安とは?

ブランクのトンネルのイメージ

ブランクがあるとなると、かつてのように働くことができるのか少なからず不安を抱くでしょう。保育園も時代と共に少しずつ変化していくため、それに対応できるかという不安もあるかもしれません。とはいえ子供と接する仕事という根本的な部分は変わらないため、過度に心配する必要はないです。

上手に復帰するためのアドバイス

右手でOKサインを出す女子

上手に保育士として復帰を果たすためには、職場選びを慎重に行う必要があります。また人間関係を円滑にするために、経験があるという態度を出しすぎないよう慎むのがベストでしょう。


保育士復職の志望動機

真っ青な空と黄色のひまわり

志望動機というのは履歴書の中でも多くの方が頭を悩ませる項目の一つになります。特に新卒の場合とは異なり、復職の場合にはどんなことをアピールしたらよいのか難しいのではないでしょうか?志望動機を上手に書くためにしっかりと要点を押さえ、採用担当の目に留まるような履歴書を完成させましょう。復職の場合にはこれまでの経験があるため、それを上手に志望動機に組み込めるどうかが一つのポイントになります。


ブランク期間中や前職で得た経験をアピール

アピールのイメージ

保育士の仕事のブランク期間中に何をおこなっていたのかというのは、採用担当にとっても気になる点になります。例えば子育てや介護など、保育士という仕事に活かせることをおこなっていた場合にはそれを上手にアピールするとよいでしょう。ブランク期間中に得た経験を再度保育士という仕事に役立たせたいなど、やる気を全面に押し出せる内容があれば非常によいです。

間違っても子育てが終わり暇があるからといった、後ろ向きな内容にはならないように気をつけましょう。またブランク期間中の経験だけではなく、前職で何をやっていたのかというのもアピールが大切な部分でしょう。今までの経験を出来る限りポジティブに伝えられるように工夫しましょう。

前の園を退職した理由

何故ですか?のイメージ

復職の場合になぜ前の園を辞めたのかというのは、志望動機でも触れる必要がありますし、面接においても必ず聞かれます。辞めた理由が採用担当にとって納得できるものかどうなのかという点が非常に大事です。また新しい園で働くにあたって、辞めた理由が問題になることがないかどうかというポイントは気にする可能性が高いです。

きちんとその理由を解消されていて、再度働くにあたってネックになることはないというのが重要でしょう。ある程度経験がある保育士の場合ですと、ブランクがあってもそこがマイナスとなることはほとんどありません。辞めてしまったことをネガティブに捉えられないように気を付けることが大切です。

今後のビジョンに関して

鮮やかな虹の架け橋

採用担当の方は実際に雇った後、働いている姿を具体的にイメージできるかどうかを考えて合否を出します、そのため保育園でどのように活躍したいのかという今後のビジョンは、アピールするうえでの重要なポイントです。その保育園にどんなことをもたらすことができるのか、自分の言葉で志望動機に織り込むことが合格のための秘訣でしょう。園の保育方針をしっかりと踏まえたうえで、今後のビジョンを詳しく伝えましょう。


コラム

寄稿のイメージ

保育士の復職に関して色々取り上げてきましたが、経験のある保育士の現場復帰というのは社会的ニーズ性も高いものであり、ブランクがあると不安に感じられるかもしれませんが実際にはそれほど心配しなくても大丈夫な様です。ブランク期間中の動きで志望動機としてアピールできるものがあればそれを活用すればよいですし、自分が復職をしてどの様に園で活躍をして行きたいのかなどを面接時にPRするといいでしょう。

確かにブランクがあると何か漠然とした不安が生じてくるかもしれませんが、それは誰でもそういうものなので過度に意識しすぎない事が大事になってきます。最近では保育士の転職サイトも色々ありますし、大抵は業界に精通したキャリアアドバイザーがついてくれる様になっていますので、そうしたプロに相談する事でも転職時に生じる不安を和らげる事ができるでしょう。



information

職鮮なび

職鮮なび

Site-Explanation