保育士のボーナスは、いくら位?

保育士のボーナスについて!

平均や雇用形態による違いとは?



保育士のボーナス平均〜公立・臨時・パート・一年目

給与の低さから離職率が高いと言われる保育士ですが、ボーナスはどのくらいもらっているのでしょうか。ボーナスが良ければ毎月の給与が多少低くても、働くモチベーションはかなりアップするでしょう。いつ支給されているのか?また気になるボーナスの平均額について調べてみました。更に雇用形態など(公立・パート・臨時・一年目)でも保育士ボーナスを調べています。

保育士のボーナスはいつで、いくら位?

棒と茄子

保育士のボーナスは働く園や施設によってもかなり違いがあるようです。無認可の小規模の保育園などでは支給自体がないところもあったり、支給されても年に1回だけしか支給されないところもあります。ボーナスが支給される時期については園によって大きな違いはありません。

6月から7月に夏のボーナスが、11月から12月に冬のボーナスが支給されるのが一般的です。これは一般企業の支給時期と同じで、先ほども紹介したように園の経営状況次第ではボーナスが無かったり減額されることもあります。また、ボーナスの支給回数も園によって違います。保育園には私立と公立がありますが、ボーナスの支給額が良いのは公立保育園の方です。私立保育園でも公立保育園でも保育士の仕事内容に大きな違いはないはずです。

しかしボーナスの額に違いがあるのは、公立保育園の保育士は公務員になるからです。そのため、公立保育園では離職率が低いと言われています。私立保育園にもさまざまな形態があり、それによっても支給額が違ってきます。大規模なグループ運営を行っているような認可保育園や、保育と教育を同時に行っている認定こども園では額は高めです。

また、大手企業の事業所内保育園や大手医療法人の院内保育園などもボーナス額は高めです。反対に託児所や無認可保育園は規模が小さいところが多く補助金もないので、ボーナスなしか支給されても多くはもらえないところが多いです。


保育士ボーナスの平均とは

木でできたミニチュアシーソー

保育士のボーナス平均額ですが、私立保育園の場合は約60万円ほどと言われています。私立保育園の平均給与は約21万円なので、約3か月分ということになります。公立保育園の平均額は約170万円ですから、私立保育園の平均額と比べるとなんと3倍近くも差があります。平均額を男女別で見てみると、男性保育士が約63万円なのに対して女性保育士は約56万円と男性保育士の方がたくさんもらっています。

ボーナスの支給額は、年齢によっても違います。20代よりも30代40代と年齢が高くなるほどに支給額もアップします。20代前半の女性保育士の平均額は約35万円ですが、30代になれば約60万円になり40代になれば約70万円になりますから、経験を積むほどに年収アップが期待できます。男性保育士はもっと良く、20代前半は約27万円ですが20代後半になれば約60万円と急激にアップします。

私立保育園か公立保育園かによっても保育士のボーナス支給額はかなり違います。保育士が働く園には、私立や公立、院内保育園などいろいろありますが、仕事内容に大きな違いはないでしょう。しかしボーナスの支給額は大きく違いますから、平均よりもかなり低かったり、または出ないようなところなら転職を考えた方が良いかも知れません。


保育士のボーナス|公立・パート・臨時・一年目

保育士のボーナスは公立か私立かでも支給額はかなり違います。またパートや臨時などの雇用形態によっては、支給されるかどうかも微妙です。園によってボーナスの支給額はかなり違い、本人の経験年数や成績などによっても違ってきます。


保育士のボーナス-公立の場合

正面から見る国会議事堂

公立保育園で働く保育士は公務員になるので、私立保育園で働く保育士よりもボーナスがたくさんもらえることが多いです。支給額は年齢によっても違いますが、公立の場合は平均年齢が40.1歳で平均ボーナス支給額は約138万円となっています。私立保育園の平均ボーナス支給額は約66万円ですから、公立は2倍ほども額が良いのです。ボーナスも毎月の給与額も良い公立保育園は離職率が低いこともあって、私立保育園よりも働いている保育士の平均年齢が高いです。

これもボーナスの平均支給額が高い理由でしょう。もちろん一年目から100万円以上もらえるわけではありません。年齢によってもボーナスの額はかなり違い、20代公立保育士は70万円から80万円ほどで30代になれば100万円から120万円になります。40代になれば140万円から150万円にと経験を積むほどにボーナスの額もアップしていきます。

保育士のボーナス-パートの場合

母親と談笑するパート保育士

保育士の中には短時間勤務も可能なパート保育士もたくさんいます。保育士のほとんどは女性ですから、結婚や出産などで正職員のまま働くのが難しくなる人が少なくありません。結婚や出産などでいったん職場を離れても、育児が落ち着いた頃にまたパートで職場復帰する保育士も多いです。

短時間勤務も可能なパートなら子育てとの両立もしやすいのがメリットですが、パートの場合はボーナスは期待出来ないでしょう。公立でも私立でも、パート保育士まで支給しているところはまずありません。しかし、園によっては寸志ほどのボーナスがもらえるところもあるようです。ただし、その額はお小遣い程度で期待はできないでしょう。

1日8時間以上勤務で1か月120時間以上の長時間のパートの場合でも、基本的に支給されません。長時間のパートになればクラスを任されることもあるなど正職員と仕事内容はほとんど変わりませんが、それでもボーナスはありません。長時間働けるなら正職員を希望した方が待遇面はかなり良くなるでしょう。

保育士のボーナス-臨時の場合

リレーにて、バトンタッチのシーン

保育園で臨時職員として勤務する保育士のことを臨時保育士や非常勤保育士と言います。実は公立保育園の多くでは、正職員よりも臨時職員の方が多く働いていると言われていますが、臨時保育士は正職員よりも待遇面がかなり悪いと言われています。公立の正職員は地方公務員になるのでお給料もボーナスもかなり良いのですが、臨時保育士は給料も低くボーナスはないところがほとんどです。

臨時保育士は時給の場合もありますが800円台のところが多く、時給1,000円以上のところは良い方です。月給の場合は14万円から16万円未満がほとんどと、正職員との待遇に大きな差があります。また、ボーナスも退職金も支給されないところがほとんどです。正職員と仕事内容はほとんど変わらないのに待遇面に大きな差があるのが現状で、これが保育士不足の一因となっているようです。

保育士のボーナス-一年目では

蛍光色で鮮やかな初心者マーク

保育士のボーナスは経験を積むほどにアップしていくのですが、入職して一年目はボーナスが支給されない園もあります。支給の対応については園や施設によってさまざまで、1年目から支給される園もあれば2年目から支給される園もあります。中には1年目だけでなく、2年目以降もボーナスなしの園もあります。ボーナスが支給される回数も園によって違います。

1年分をまとめて1回で支給するところもあれば、年に3回4回と分けて支給するところもあるなど対応はかなり違います。しかし一般企業と同様に、夏と冬の1年に2回ボーナスが支給されるところがほとんどです。また毎月のお給料のように決まった額が支給されるわけではありません。ボーナスの支給額は運営している法人の業績や個人の成績などによっても変わってきます。


コラム

寄稿のイメージ

保育士のボーナスは雇用形態や勤務年数、働く園によっても大きな違いがあります。地方公務員になる公立保育園の正職員ならかなり期待できますが、パートや臨時保育士はボーナスなしも珍しくありません。扶養内で短時間だけ働きたいという人でなければ、ボーナスのないパートや臨時保育士はかなり不利と言えるでしょう。

今後も長く保育士として働きキャリアやスキルを積んで行きたいというのなら、モチベーションを高めるためにもボーナスなど条件の良い所への転職を模索してみるのも一つの方法でしょう。今は転職時に便利な転職サイトが色々ありますし、エージェント型のサイトならキャリアアドバイザーがついてつくれますので、ボーナスなどの希望条件を伝えて相談してみる事ができます。



information

職鮮なび

職鮮なび

Site-Explanation