転職エージェントとは!

転職エージェント関連の各話題で
す。メニューをご参考ください。

転職エージェントとは|何社に登録?~断り方まで!

頼りになる転職エージェント

キャリアアップのためや人間関係の悩みなどから転職を考えている人は多いかと思いますが、そこで役に立ってくれるのが転職エージェントです。転職エージェントではどんなサービスを行っているのか、また転職サイトとの違いなども紹介しましょう。


転職エージェントとは!転職サイトとの違いは?

手の平に置かれたクエスチョンマーク

他の職場に転職したいと思っても今の職場の仕事が忙しくなかなか転職活動が出来ないと不満を抱えている人も多いでしょう。そんな人の強い味方になってくれるのが転職エージェントです。転職エージェントには一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーなどと名前がついたサポーターがついてくれるのが大きな強みです。初めての転職は不安もたくさんありますが、キャリアアドバイザーが転職活動全てにわたってサポートしてくれます。

まず専任のキャリアアドバイザーがこれまでどんな職場でどんな仕事を行ってきたのかなどキャリアカウンセリングを行っています。そこで一人ひとりのスキルや強み、適性が見えてくるのでキャリアアドバイザーはこれをもとにして厳選した求人を紹介してくれます。さらにどのように職務履歴書を書けば書類選考に通過しやすいのかといったアドバイスや、転職したい企業への推薦状も書いてくれます。

それから面接日時の調整や面接対策、さらには退職手続きから入社後のサポートまで全てお任せできるのです。転職エージェントに似たサービスに転職サイトがありますが、転職サイトにはキャリアアドバイザーがいないので全て自分で転職活動を進めないといけません。気軽にたくさんの情報収集が出来て自分のペースで転職活動ができるのが転職サイトの魅力で、転職に慣れている人ならこちらの方が良いかも知れません。

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、キャリアアドバイザーのサポートがあるかないかということです。自分の強みを引き出してより最適な求人を紹介してくれ、面倒な手続きなども全てサポートしてくれるというサービスは転職サイトにはありません。

また、転職サイトでは見つけることができない非公開求人を紹介してもらえることも転職エージェントのメリットです。何から何まで転職に関することを全てサポートしてくれるのが転職エージェントですが、これらのサービスは全て無料で行われています。転職が初めてで不安な人やより自分に合った転職先を見つけたい人、効率よく転職したい人は断然転職エージェントを利用した方が良いでしょう。


使えない転職エージェントとは!?

使えないクレジットカード

最近は転職も珍しいことではありません。新卒で入社してから退職するまで同じ職場で働くという人の方が少なくなっているのではないでしょうか。転職活動を徹底サポートしてくれる転職エージェントもかなりメジャーになっていて、特に30代前後の若手のビジネスパーソンに人気です。メリットしかないように思える転職エージェントですが、実は利用者の中には不満を持っている人もいます。

転職したい人の力になってくれる優秀な転職エージェントもたくさんありますが、中には使えない転職エージェントもあるようです。興味のない求人ばかり紹介される、企業に紹介してもらえないなどの不満を持っている人が少なからずいます。実際に転職エージェントを利用して転職を経験したことがある人は、どんなところが使えない転職エージェントだと感じているのでしょう。使えない転職エージェントの傾向や特徴を紹介してみます。

まず、希望した求人を紹介してもらえないという声が多いです。希望した条件ではない求人ばかり勧められて困った、などという声が多いのですが、これはそもそも希望の条件に合う求人がなかった可能性が高いです。または本当にオススメの求人だったけど、転職希望者にとっては希望の求人ではなかったというケースもあるでしょう。他に転職エージェントに日程調整を急かされたり、反対にカウンセリングをしたのに連絡が来ない遅いなどの声もあります。

無料で利用できる転職エージェントですが、もちろんこれはボランティアではなくビジネスです。紹介した企業から年収に対して何割かの利益をもらっています。そのため自社の売り上げの目標スケジュールがあり、そのため急かされるケースがあるのです。またはレスポンスが早いということは転職希望者に好印象を持たれやすいので、これが急かされるようなイメージを持つ人もいるでしょう。連絡がなかったり遅いというのは、マッチする求人がない可能性が高いです。

このようにさまざまな理由で転職エージェントが使えないと感じている人もいます。その場合には他の転職エージェントを利用したり、担当のキャリアアドバイザーを変更してもらうなどの方法があるでしょう。転職したい人の力になってくれるのが転職エージェントですが、中には使えないと感じている人もいます。直接応募した方が良いケースもありますが、初めてで不安という人はまずは転職エージェントを利用してみるのがオススメです。


転職エージェントは何社ぐらいが良いのか?

4つの赤いリンゴ

転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントですが、掛け持ちするのは失礼になると思っている人もいるでしょう。しかし、1社のみに登録している人よりもいくつかを同時に利用している人もたくさんいます。転職エージェントはそれぞれ強みがあるので複数登録するのがオススメですが何社くらい掛け持ちするのが良いのでしょうか。


みんなは、どのくらい掛け持ちしているの?

転職エージェントもさまざまで、取り扱っている求人内容が違えばそれぞれ特徴や強みも異なります。ですからより良い求人を探すためには複数の転職エージェントを掛け持ちするのがオススメです。

掛け持ちするのは失礼だと思っている人もいますが、1社だけの利用だと求人情報に偏りがありなかなか希望の求人に出会えない可能性が高くなります。実際に転職エージェントを利用している人の多くは複数同時に登録しています。2社から3社を掛け持ちしている人が55%と最も多く、中には4社以上利用している人もいます。

2社でも十分!?大手と中堅を選んで!

2社から3社ほど登録している人が大半ですが2社だけだと不安が残ります。たくさん同時に掛け持ちすると負担が大きくなりそうですが、効率よく転職活動するなら4社以上に登録するのがオススメです。キャリアコンサルタントとの相性もあるのでこのくらい多めに登録しておいて、利用していく中で相性の良い転職エージェントに絞り込んでいくのです。

掛け持ちする際には、大手と中堅の転職エージェントを併用すればより効率が良いでしょう。全国展開の大手は求人数も非公開求人も多く求人内容の種類が豊富なことが魅力で、中堅はサポート力が手厚いのが魅力です。転職エージェントは掛け持ちもオッケーで、できれば4社以上に登録するのがオススメです。取り扱い案件の内容や求人数、サポート力は各転職エージェントによってかなり違うので、まずは多めに登録してみましょう。


転職エージェントの電話相談について

アンティークでお洒落な黒電話

転職エージェントを利用したいけど、オフィスに足を運んでキャリアコンサルタントと面談したりするのが面倒そうと感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、転職エージェントの中には電話相談だけで利用できるところもあります。


転職エージェントは電話相談だけでも利用できる!

キャリアコンサルタントが転職を徹底サポートしてくれる転職エージェントは、事前にカウンセリングをしたり面接対策なども行ってくれます。しかし、そのたびにオフィスに足を運ぶ時間がないという多忙な人もいらっしゃるでしょう。転職エージェントでは求人を紹介してもらう前に事前にカウンセリングが行われますが、対応は各会社によって異なります。

オフィスでの面談が必要な転職エージェントもあれば、電話相談だけでオッケーのところもあるなど対応はまちまちです。これまで転職エージェントに足を運ぶのが面倒そうと思っていいた人も、電話相談だけで利用できるところなら気軽に利用できるでしょう。

忙しいビジネスマンでも無理なく転職活動が!

大手の転職エージェントの中にも電話相談だけ利用できるところは意外とたくさんあります。働きながらの転職活動は大変で、それをサポートしてくれるのが転職エージェントです。平日は朝早くから出社して、夜遅く帰宅するまで自由な時間がないというビジネスマンも多いでしょう。そのように多忙な人は、転職エージェントから平日に面談が必要などと言われたら利用したくてもなかなか難しくなるでしょう。

しかし、電話相談可能な転職エージェントなら忙しいビジネスマンでも無理なく利用できます。夜10時くらいまでなら電話で面談してくれたり休日でも対応してくれるので安心です。電話相談したら、あとは条件やスキルに応じた求人を紹介してもらえ、応募するかどうか面接日時の調整なども電話で全て完結します。転職エージェントのオフィスに行く時間が取れないという忙しいビジネスマンは、電話相談だけでオッケーの転職エージェントを利用するのがオススメです。

電話相談はデメリットもある!

電話相談だけで利用できる転職エージェントならスキマ時間を利用して効率よく転職活動ができますが、メリットばかりではありません。転職エージェントではより条件の良い非公開求人を紹介してもらえるのですが、電話相談だけの人はこの条件の良い案件を紹介してもらえる可能性が低くなります。また、転職エージェントからのフィードバックが遅くなることもデメリットです。

職務履歴書などの各種書類の添削、質問したことへの回答までに時間がかかることがあり、これをストレスに感じる人もいるでしょう。またキャリアコンサルタントとの相性も転職活動に大きな影響を与えますが、電話相談だけだとなかなか意志の疎通が上手くできないこともあります。実際に会って相談した方が、転職への意気込みなどを伝えやすいでしょう。

このようなデメリットもありますが、電話やメールのみで転職活動できるのは大きな魅力ですね。転職エージェントの中にはオフィスに足を運ばなくても電話相談だけで利用できるところもあります。夜遅くや休日でも対応してくれるなど、忙しいビジネスマンの強い味方になってくれるので利用してみてはいかがでしょうか。


転職エージェントの書類選考期間

棚にぎっしり詰まった応募書類

転職エージェントから企業に応募する場合は、直接応募や転職サイトからの応募とは書類選考の流れが異なります。そのためなかなか書類選考の結果が来ないというケースもあります。転職エージェント経由での書類選考の流れや結果が出るまでの期間、結果が遅くなる理由についてご紹介しましょう。


書類選考の流れと選考期間の目安

転職エージェントから企業に応募した場合、書類選考の結果が届くまでの期間はかなり幅があります。早ければ3日で結果が来ることもあれば、遅ければ2か月ほど待たされることもあります。これは転職エージェント経由での書類選考の流れが直接応募や転職サイト経由での応募とは違うからです。転職エージェント経由ではまず社内で書類選考が行われ、それから応募先の企業で書類選考が実施されるという2段階の選考が行われています。

その理由は、大手の転職エージェントでは人気の求人になれば特に多くの応募者が集まりますが、そうすると企業側の負担が大きくなります。厳選した人だけを企業に紹介するために、まずは社内で書類選考を行っているのです。一つの求人にそこまで応募者が殺到しない中小の転職エージェントであれば、社内での書類選考は行われないことがほとんどです。

転職エージェント内の書類選考期間について

転職エージェント内での書類選考の期間は即日から3日程度かかります。もちろん応募人数が少ない場合は社内の書類選考もすぐに合格になりますが、応募が集中している場合には社内の書類選考にも時間がかかります。転職者担当であるキャリアコンサルタントがまず企業担当に推薦し、それから企業担当が書類選考をするという流れです。大手の転職エージェントではこのように転職者担当と企業担当がいて、まずは社内で選考を行っています。

応募した企業内での書類選考期間について

応募した企業内での書類選考にかかる期間はおよそ3日から1週間ほどですが、長ければ1か月から2か月ほどかかるケースもあります。やはり大企業であるほどに書類選考にかかる時間が長くなります。採用担当者だけの判断では決定できず、上司への確認など手続きに時間がかかるので結果の連絡も待たされることが多いです。その点、中小企業やベンチャー企業は採用担当者の判断で合否を決めることができることが多いので書類選考の連絡も早めです。

書類選考が遅くなる理由は?

書類選考が遅くなる大きな理由は、やはり有名企業などの人気求人で応募者が殺到しているからです。各キャリアコンサルタントは自分の担当者を応募させたいので、転職エージェント内での書類選考に時間がかかるケースも多いです。

または繁忙期やトラブルなどで企業側が忙しく書類選考が後回しになっているケースもあれば、応募先の企業に結果を確認していないために連絡がこないこともあります。転職エージェントではまず社内で書類選考が行われることが多いので、結果が遅れることもあります。1週間くらいが平均的な選考期間なので、2週間待っても結果が来ない場合はこちらから担当者に確認してみましょう。


転職エージェントの断り方

NOで断るイメージ

転職エージェントではあなたのスキルや特性、希望などを元にして最適な求人を紹介してくれますが、中には納得できない案件や興味のない案件もあるでしょう。ここでは紹介された求人の断り方や面接まで進んだときの断り方について紹介しますので参考にしてください。


紹介された求人の断り方

転職エージェントから紹介された企業には必ず面接に行く必要はありません。中には強引に薦めてくるキャリアコンサルタントもいますが、自分が興味が持てない求人であれば断われば良いのです。キャリアコンサルタントは転職のサポートはしてくれますが、押しの強いキャリアコンサルタントの言いなりになっていてはいけません。転職をするのは自分なので、紹介された求人に納得できない場合は丁寧に断りの連絡を入れましょう。

興味がないから、断りづらいからと何も連絡しないのはNGです。断わりの連絡はメールでも電話でも良いですが、メールの方が断りやすいという人が多いでしょう。しかし興味がないからお断りします、というような要件のみを伝えるような内容ではいけません。紹介された求人を断るときにはまずは求人内容をじっくりと検討してみたこと、その上でどうしても興味が持てないことを伝えましょう。そして紹介してもらったことへの感謝を伝えることも大切です。

面接まで進んだときの断り方

紹介してもらった求人に興味があれば書類選考から面接へと進んでいくのですが、この段階で断わりたくなる場合もあるでしょう。他の転職エージェントも利用していてもっと良い求人を紹介されたり後から考えた直したくなることもあります。面接に進むためには書類選考に通過しなくてはいけません。キャリアコンサルタントは企業に応募する際に推薦状を書いてくれたりとサポートしてくれています。

また書類選考に通過するということは企業側から評価されているということで、転職エージェント側からしてもなんとしてでもこのチャンスを逃したくないはずです。ここは面接の練習だと思って面接だけは受けてみましょう。書類選考を通過して面接までこぎつけたのに、ここで辞退するのは転職エージェント側にも企業側にも失礼になります。面接は受けてみてここで興味が持てなくて辞退するのであれば失礼にはならず、企業側への辞退の申し出もキャリアコンサルタントが代行してくれます。

どうしても面接を受けたくないからとドタキャンするのは社会人としてアウトです。その場合にはキャリアコンサルタントに丁寧に理由を説明して、誠実な対応を取ることが大切です。転職エージェントで理想の転職を実現するなら、キャリアコンサルタントとの信頼関係も大切です。紹介してもらった求人を断りたいときには、感謝の気持ちを持ちを忘れずに丁寧に断ることを心がけましょう。


コラム

机の上に置かれた地球儀と辞典

転職エージェントとは!?というテーマで、何社程度に登録するのがいいのか・電話相談・書類選考期間・断り方などについて触れて来ました。転職エージェントには転職サイトには無いキャリアコンサルタントのサポートサービスがついてくれます。

これは自分が興味関心を持つ案件に関してコンサルタントから生の詳しい情報を教えてもらえる事になりますし、採用に向けてその企業に合った書類添削などのサポートが受けられる事にもなります。自分単独で情報収集を行いながら進めて行くことに不安があるという人は、転職エージェントを取り入れてみられるといいでしょう。

職鮮なび

職鮮なび

Site-Explanation